無料出会い系アプリを使って16歳の家出少女を援交させて逮捕。正しい神待ちとは一体…

更新日:

この記事は1で読めます

miseinen-deai

2015年のニュースですが、16歳の家出少女を監禁し売春をさせたとして3人の男が逮捕されています。

まずは、その当時のニュース記事をどうぞ。

売春強要で逮捕 男3人と16歳家出少女との不思議な「監禁生活」
神待ちアプリなどを使って出会った家出少女を換金し、無料出会い系アプリで援助交際させたということです。
60人を相手にさせたとのことなので、その金額は最低でも90万円以上になる。
この家出少女、援助交際に対しては嫌がっている様子はないのがポイントですね。取り分の金額が少なかったことが駄目だったのか…
そもそも、16歳の時点でアウトです。

こういった事件があるから、神として活動する男性のイメージが下がってしまうのは嫌ですね…

出会い系サイトやアプリでもそうですが、神待ち掲示板で未成年と会うときは細心の注意をしましょう。
私の経験談ですが、掲示板でのやり取りでは20歳と言っていたが、もっと若くみえる…と年齢が少しでも怪しいと感じ、一旦ファミレスで食事をしました。
話をしていくうちに18歳以下の高校生な気がすると判断し、助けてあげたいがお断りをしました。

このように、申告通り20歳だと確認できればそのまま泊めてあげてもOKですが、明らかに未成年だと感じたら、何かしら理由をつけてお断りしましょう。
逮捕されるリスクを考えて活動してください。

また、ニュースのような援助交際をさせるような行為は止めましょう。
これを読んでいる皆さんの活動を期待しています!

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.