傷ついた家出女性たちの心を癒やす、声掛けと接し方のポイント

この記事は2で読めます

リスクを覚悟の上で家出をする女性たちの心は、大胆なように見えて内面はとても繊細です。
傷つきやすく人からの言葉に敏感だからこそ、家庭から現実逃避したくなるのでしょう。
そんな女性たちだから、神待ちサイト・家出サイトで初めて遭った男性に対して内心疑いや戸惑いの気持ちでいっぱいなのは間違いありません。
彼女たちに良い印象を与えて、せっかくなら居心地いい雰囲気にするための接し方は以下のとおりです。

孤独な内面を癒やしてあげよう

家出女性たちのなかには、シングルマザーの家庭だったり両親にかまってもらえないなど、特に家族関係でつらい孤独を感じているケースが目立ちます。
そんな風に家での居場所が心もとないと、たとえ他人の家でも優しくしてもらえれば身を寄せたくなる気持ちも理解できます。

知り合ったばかりでも、良き理解者として接して心を癒やすことはできます。
家族だからといって信頼できるとも限らないし、全く縁のなかった人から受け入れられれば身内以上の存在になれるかもしれません。

自分だけ楽しい思いをしたいという自分本位な心構えでは、孤独な女性はますます追いつめられることになります。
どんなに辛い境遇の女性でも受け入れるだけの心の余裕と思いやりこそが、彼女たちにとって本当に救いになるのではないでしょうか。

言葉の使い方一つにも気を使う

家出女性からのあなたへの印象は、神待ちサイト・家出サイトでのメッセージの交換が始まった時点からすでに大きく決まっています。
「この人はなんとなく怖そう、危なそう」「話しやすいし、良い人かも」と文面のちょっとした違いから、敏感に読み取っているのです。

たとえば普段絵文字などを使わない男性が無理をして若い女の子に合わせようとしても、それが功を奏するとは限りません。
もちろん、女の子とテンポよく会話できるのに越したことはないのですが、それよりも誠実な大人の男性としてのアピールが出きれいなければ、かえって軟派な人としてマイナス印象になるでしょう。

エッチを期待する下心を匂わせるメッセージはもちろん厳禁ですが、過剰な言葉の装飾を使って気を引こうとする努力も、空回りしがちです。
ナンパではないので下手にくどい言い回しを使うよりも、真面目できちんとした応対に気をつけていれば、安心感を与えられます。
一筋縄ではいかなそうな家出女性たちに対しても、礼儀と常識を守って声をかければ接し方としてはそんなに難しくはないのです。

関連記事

関連記事

平塚八幡宮の神職の男が出会い系アプリで出会った少女と売春したとして逮捕

NO IMAGE

無料出会い系アプリやサクラなしの出会い系サイトでも神待ち少女と出会うことができる...

NO IMAGE

大阪の家出少女と神待ち掲示板で出会うための抑えておくべきポイント

神待ち少女を誘う成功率を上げるには、どうすればいい?

神待ちをしている家出女子は本当にいるのか疑問に思いませんか?でも本当にいるんです...

NO IMAGE

家出少女を集めて軟禁し、売春を斡旋する男を逮捕……韓国・売春組織の“ゲスすぎる”...