神待ちサイトや出会い系サイトでも、念入りな年齢確認を怠らずに!

更新日:

この記事は2で読めます

インターネットで乱立している神待ちサイトや家出サイトの掲示板は、年齢確認も一切ない無法地帯となっている場所もかなり存在します。
年齢確認手続きを踏んでいる出会い系サイトよりも、それだけ犯罪のリスクも大きくなるのです。
ヘタをすると警察沙汰になり、ちょっと助けてあげただけのつもりがかえって犯罪者へと転落する危険を覚悟で、利用しないといけません。

年齢確認だけは念入りに行おう

正式に年齢証明の手続きを踏まない掲示板では、自分の年齢は自己申告のため、書かれている内容をそのまま信用はできません。
18歳未満の家出少女も、未成年であるのを素直に公開すると男性も迂闊に手を出せなくなるのを知っているので、実際の年齢を偽ってまで掲示板に書き込みをするのです。

年が若いほど後先を考えずに家を飛び出し、困っているケースが多いため、家出サイトへの未成年の出没は絶える様子がありません。
安全に匿うだけならまだしも、それを見咎められたり性的行為をさせると完全にアウトです。

少女のほうから脅されることも

まだ力の弱い少女だからといって強引に言うことを聞かせると、携帯やスマホといった連絡手段で住所まで通報されて、あっという間に捕まります。
手を出さなかったとしても、未成年を連れ回したことを訴えられたなら、圧倒的に不利な立場になります。

窮地に陥った少女はどんな手を使っても逃げ出したり訴えたりといった行動に出るので、可哀想だからといって油断して関わっていると危険なのです。
未成年の女の子の保護に困ったときは、然るべき相談所や警察にすぐに任せたほうが、犯罪者に仕立て上げられるリスクを追わなくて済みます。

出会い系サイトなら大丈夫?

クレジットカード認証手続きを使って年齢確認をする出会い系サイトなら未成年を捕まえるリスクをある程度まで抑えられますが、完璧とはいえません。
親族のカードをこっそり使って登録するなど、18歳以下でも抜け穴は作ろうと思えば作れるからです。

そうなると、もちろん出会い系のプロフィールの年齢も些少である可能性は拭えませんね。
しかも、自称している年齢に違わないような大人っぽい少女も最近では珍しくないので、油断して騙される男性も跡を絶ちません。

女性に年齢を直接問いただすのは勇気が入りますが、顔写真入りの身分証明書が必要なまんが喫茶やインターネットカフェ、居酒屋などのスポットへデートに誘い、炙りだすのも一つの方法です。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.