神待ち女性を納得させてエッチに持ち込む説得術を身につけよう!

更新日:

この記事は2で読めます

家出サイトで出会う神待ち女性たちも、エッチをするかどうかは自由に決める権利があると強い意識があるので、部屋に入ったらベッドに直行という美味しい話にはそう簡単に展開しません。
それほどタイプの男性でなかったり、不信感が完全に拭えないでいると、「どうしようかな・・・」と最後まで迷ってしまうものなんです。
相手を納得させて男性の家に泊まるメリットを強調するには、善意をアピールするよりも少し頭を使った誘い方がポイントになります。

泊まらないデメリットを強調する

部屋に泊まることのリスクも考えら得れる状況では、美味しい餌で釣るばかりではかえって怪しまれる可能性が高いです。
それよりも、部屋に泊まらない決断をした結果どんなデメリットがあるのかを強調することで、より危機意識が強まって「やっぱり素直に泊まったほうがいいかも・・・」と相手の気持も揺らぎやすくなります。

たとえば、「このまま泊まれるところが見つからなかったら、野宿中に襲われるかもよ」と言った怖がらせてしまうような言葉でも、男性に対しては「自分のことを気遣ってくれているのかも」とちょっとだけ気を許せる印象を与えます。
甘い言葉しか言わない人よりも、マイナスなことでもはっきり言ってくれる人のほうが信頼を得られやすいのと同じ心理ですね。

相手を納得させる理由を用意する

神待ちサイトで女性を狙っている男性の大半は下心あってのことかと思いますが、それをはっきり言うのでは逃げられてもしかたがないので、建前だけでも健全な理由を用意しておきましょう。
女性が気になる問題として、「なぜそこまでしてくれるのか?」とやはり安心できる形で納得したいが本音なのです。

たとえば、「一人暮らしでずっと寂しかったから、一晩語り明かせる相手がほしい」とか、「話を聞いてくれる相手が見つからないから」といった孤独感に訴えかける話だと、同じく寂しさを抱えている家出女性も共鳴してくれるのではないでしょうか。
まずは、「一緒にいてくれるだけでいいから」と下心を隠しつつ、小さなお願いから受け入れてもらうのがポイントです。

部屋に女性を入れたら、いきなりエッチに誘うのはもちろんNGで、「軽くマッサージしてもらっても良い?」「疲れてるだろうから、肩揉んであげようか」と自然な形で体に触れる機会を作りましょう。
流されるのに弱い女性なら、どんどん大胆になっていくお願いに断りきれず、そのままエッチへと押しきれるチャンスが有ります。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.