女子高生が家出をする一番多い理由が「親子喧嘩」

投稿日:

この記事は1で読めます

hqdefault
スマホを利用してたくさんの少女が家出掲示板を利用している。
そもそも、家を出ることになる原因としてもっともパーセンテージを占めるものが家庭環境によるものだ。

家出掲示板を利用する原因の多くが親子喧嘩によるもの

警察庁の調査でも、行方不明として捜索依頼が出た時に家族間の問題によるものが大部分だと出ている。
ほかにも、18歳以下の子供に対して起きる虐待やネグレクトの割合は年々増えているという統計があるようだ。

現代は昔よりも性に対する意識がオープンで、子育てをする覚悟を持たずにセックスする高校生や大学生などの若者が増えている。
このことから産んだ子供に対して責任を持てず、上記のような状況に陥っているのだろう。

プチ家出を放置してしまう親が多いことも問題

これは、突発的に家を出るものの数日で帰ってくる家出のことだ。
大半は友人の家を遊び回っていることが多く、心配せず放置してしまう親は少なくない。
実際に、捜索依頼を出された未成年の大半は自分で帰宅していることがほとんどのようだ。

しかし、本当は早めに捜索依頼を出した方が良いだろう。
ドラッグや売春といった犯罪に関わることがあるからだ。
家出掲示板を利用して知らない男性の家に泊まりこむことも、親が不干渉であることが原因である場合が多い。

今では大部分の未成年が携帯端末を持っているため、簡単にそのようなサービスにアクセスできる。
また最近では、専用の神待ちアプリも開発されている
これらはインターネットが普及し始めた当初のようなアンダーグラウンドな空気と違って、よりカジュアルな雰囲気があり、未成年でも気軽に書き込みができるようになっている。

家出をするもっとも大きな理由が親子喧嘩である。
それも突発的に起こったものではなく、お互いの絆を深められないための慢性的なものがほとんどだろう。
また、多くの親が子供のプチ家出を「どうせそのうち戻ってくる」とそのまま放置している。
これが原因で、ドラッグや売春といった犯罪にも巻き込まれている。

関連記事

-なぜ家出をするのか?

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.