家出サイトで女の子が増えている背景にあるものとは、一体何か?

更新日:

この記事は2で読めます

shutterstock_398412691
家出サイトや神待ちサイト、出会い系サイトでプチ家出をしている少女たちや、人妻が増えていると感じてはいないでしょうか。
家を飛び出してもそれなりに居場所が見つけられ、情報があればなんとか生きていける現代の環境が後押ししているのはもちろん、その背景をよく見ると見過ごせない実態が浮かび上がってきます。

家族や社会とのつながりが希薄

2世帯以上の家族が当たり前のように見られていた昔よりも、母子家庭や父子家庭、核家族といった少人数世帯のほうが数を占め、精神的に窮屈さを感じている子どもが増えています。
両親を頼れない時があっても、きょうだいや祖父・祖母、親戚に近所の人など、家族に限らず地域ぐるみで支えられていた環境が、現代では損なわれつつあるのです。

行き過ぎた教育も原因?

子どもの数も減って一人ひとりの面倒に力を注げる反面、レールを敷いた結果により子どもが反抗し、家出をするほどの問題児へと変わってしまう状況もあります。
社会的な規範や将来を押し付けてくる親や教師に圧迫され、家にも居場所がないと感じると、全くの他人でもいいので外に助けを求めたくなるのです。

プチ家出をする子どもは未熟すぎるのか?

子どもだからといって、家でのような後先考えない行為を決断するという話は、普通は子どもの心の成長に何か血球があるのではないかと考えられがちです。
しかし、誰にも助けてもらえないことを悟り、子どもながらに自立を目指す道を選ぼうと言う強い決意が隠れていることもあるのです。

家出を決意した人々のすべてが悲惨な状況ではなく、自分にとって居心地の良い場所や暮らし方を見つけ、生き生きと生活をしている子も少なからずいるのです。
子どもにとって家庭だけが全てではない、色々な価値観や人々がいるのだと実地で分かる、貴重な体験とも言い換えられるでしょう。

神待ちは本当に悪いことなのか?

法的にはグレーでありながらも、彼女たちの自立を経済的な面で手助けするという意味では、居場所を提供する男性も一概に悪いとはいえません。
少なくとも家庭より他人の家のほうを女の子が望んでいるのなら、そこまで思いつめざるを得ない事情も伺えます。

神待ち掲示板で弱みに付け込んで女の子をいいようにするのはさすがに許されざる行為ですが、無償で宿や食事を提供する良心的な人がいる限りは、彼女たちもそれを糧にしながら強く生きていけるのではないでしょうか。
全くの他人同士の間に生じる絆もまた、確かにあるのです。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.