家出女性はなぜ知り合いの家に泊まらないのか?その本音とは

更新日:

この記事は2で読めます

神待ちサイトで見ず知らずの男性を頼っている女の子たちに対して、「なぜ友人宅など信頼できる相手に頼らないんだろう?」と不思議に思ったことはないでしょうか?
それは家出少女本人でなければ実感できない、デリケートな事情があるからなんです。

家出をしているのを知られたくない

我慢できず家を飛び出すくらいなのだから、よほど帰りたくない事情を抱えていると考えられます。
そこで下手に友人知人を頼って行くと、こっそり居所をばらされて連れ戻されるのを恐れている心理もあるでしょう。

自分の知り合いだと何かと心配をしてくれますが、その際事情を説明して納得してもらうのを面倒に感じることもあります。
その点で、全く他人の家に転がり込んでも、泊めてもらうだけという割りきった関係ならあれこれと詮索されることはあまりないし、気持ち的にそのほうが楽に感じるからでしょう。

知り合いには迷惑をかけたくない

親しい関係だからこそ、いきなり家におじゃまして迷惑を掛けたくない、と遠慮するせいもあります。
完全に家出女性側の都合で泊めてもらうことになるので、お世話になる友人知人の私生活にも少なからず面倒をかけてしまうかもしれません。
あらかじめ家に泊める余裕のあることが分かっていて、なおかつ契約として成立するなら何の文句も言われない相手として、家出サイトで女性を探している男性が選ばれるのです。

どんなに親しい人でも、いきなり家に泊めて欲しいと言われると色々と準備しなくてはいけませんし、何日も長居させてもらうわけには行きません。
男性から進んで泊めてくれるといわれてはじめて、人間関係の気苦労もなく女性も安心してお世話になれるのです。

安息の場所になってあげよう

神待ち女性と親密な関係になりたいなら、心からホッとできる逃げ場所として包み込んであげると、精神的にも満たしてあげられます。
心から満足すると、女性の方からももっと親しくなりたいという自然な気持ちが芽生えるのも時間の問題でしょう。

家庭や職場など、環境のしがらみやストレスから逃げて開放されたがっている女の子たちは、居場所を与えてくれるだけでなく、そんな気持ちに共感してくれる男性を探し求めています。
「俺は味方だよ」と温かい姿勢で、女の子を受け止めてあげましょう。

女性の気持ちをまず理解しなければ、貴女の欲求も受け止めてはもらえません。
「面倒を見てあげる」と上から目線でなく、「お互い助けあおう」と対等に感情を共有するのがコツです。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.