援助交際アプリを使って本当に家出少女と出会えるのか!?

投稿日:

この記事は2で読めます

zyosei-sumaho

援助交際の温床になっている援交アプリについて

援助交際の温床になっている援助交際アプリ(通称:援交アプリ)を使っている男性は結構多いと思います。
しかし、中には援助交際の関係ではなく、家に泊めてあげてお礼をもらうという所謂「神待ち」の関係になったという報告を頂きます。
スマートフォンやSNSの爆発的な普及により、アプリのダウンロードが年々右肩上がりで上がっています。

通常は専門の神待ち掲示板などで会うのが一般的ではありますが、援助交際アプリで会えるというのは本当なのでしょうか?
今回は私自身とても気になっていた内容だったので、2週間ほど検証を行ってみることにしました。

使用したアプリは、このサイトでも紹介している超大手のアプリです。
サポートも充実しており、サクラの心配もなく、割り切り専門の業者などが少ないという理由で2つ使いました。

援助交際アプリでの検証実験

まず結果から言うと、2人と家出少女と出会えました。
これはなかなかの成果ではないでしょうか?

ではどのようにして、私が援助交際アプリと使って家出少女と出会ったのかを紹介したいと思います。

1.援助交際アプリで良く使われる用語や隠語を理解し、それ以外の募集を探す。

必ずと言っても過言ではないほど、隠語を含めて投稿があります。出会い系サイトやアプリの対策からくぐり抜けるため、それを匂わせるワードに変換されています。
基本的なものとしては、「ホベツイチゴ」「割り切り」「パパ募集」「定期」などがあり、それらを含まれている投稿はスルーします。

2.家出に関連した文章を日記やつぶやきなどで探し、アプローチをする。

「家出した」「泊まる所がない」「誰か泊めて」「神待ち」「放浪なう」「親と喧嘩した」などを中心に探していき、徹底的にアプローチしました。
泊まるところが無いという悩みを抱えた女性に対しては、下心をあまり出さないような文章で「もし良かったら泊まる?」というメッセージを送り、他に女性が興味を引くような会話などをしました。

3.あとは数撃ちゃ当たる作戦のみ

たった1人にメッセージを送って成功したというわけではありません。
実は数十人にメッセージを送って、やっと成功しました。

以上が成功までのプロセスです。
ぜひ参考にして見て下さい。

まとめ

神待ち掲示板を使うより苦労するということは間違いありません。
理由としては、神待ち掲示板は泊めるとこを探している女性がほとんどだからという理由です。
援助交際アプリはどちらかというと割り切りでの関係を求めている女性がメインです。
援助交際に巻き込まれたくないと思うなら、使わないほうがいいです。
健全な神待ちとしての出逢いを求めているなら、なおさらです。

今回の検証した結果では「成功した」と報告しましたが、神待ちとして活動するなら専門の神待ち掲示板を使用することをオススメします。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.