今話題の出会い系バーとは?家出少女はいるのか?実際に行ってみた!

投稿日:

この記事は3で読めます


今ニュースでよく文部科学省の前事務次官をみかけます。
官僚の再就職、いわば天下りの斡旋をし、引責辞任した前川喜平前文部科学省事務次官です。
その彼が足蹴よく通っていた出会い系バーが話題。

教育のトップにいた立場で週に3回も通い、女性を外に連れ出してお金を渡していたそうです。
つまり、援助交際ですね。
これには日本中の方が驚いだはずです。

出会い系バーとは?

出会い系バーは、ここ数年で爆発的に増えている「相席屋」などの相席居酒屋が、そのままバーになったものです。
似たようなもので、出会い喫茶が近いですね。
男性側が女性の飲み代を支払うシステムのため、女性側は無料でお酒を楽しめます。

バーということもあり、深夜まで遊ぶという女性が多いのが特徴。

出会い系バーのシステムと料金

出会い系バーのお店によってシステムは様々ですが、男性システムと料金は主にこうなっています。

女性との相席ナシ 女性との相席アリ
30分1,000円 30分2,000

女性は基本無料が多いです。

相席居酒屋と似て、男性は店員を通して女性に声をかけ相席を求めます。
OKが出たら、相席して一緒にお酒を飲むことができるシステムとなっています。

ここで問題なのが、お店側や店員は相席する手伝いをすることしか出来ません。
相席してお酒を楽しんでいる間はノータッチです。
そのため、相席中の会話で女性側が売春や援助交際を男性に持ちかけることが多々あるそうです。
金銭の交渉し、お互い合意したらそのままバーから外に出てホテル等へ向かうとのこと。

出会い系バーに通う多くの女性は、
・タダでお酒が飲める
・気に入った男性と援助交際が出来る
が目的を持っているらしいです。

前川喜平前文部科学省事務次官が通っているとされている出会い系バーは何処にあるのか?

前川さんが通ったとされているのが、歌舞伎町にある出会い系バーだと言われています。
調べてみると、「相席BAR」「ORIENTAL LOUNGE EVE」と言った出会い系バーが見つかりました。

そのなかでも「ORIENTAL LOUNGE EVE」が有力視されています。
その店内の雰囲気がコチラ。

バーというよりは、キャバクラのような雰囲気ですね。

実際に出会い系バーで援助交際が蔓延っているのか?

主に男女が出会うためのバーではあるものの、真剣に出会って交際に発展するといったケースがあまり無いそうです。
援助交際や遊び目的、パパを求めている女性が多いとアチコチで噂になっています。

今回の場合、全事務次官が通っていたのが歌舞伎町ですから、遊び目的の女性が多いとされています。

まあ、前川さんが色々と噂をされていますが、彼はお金を渡していたということが確かであります。
本人も認めているので(笑)
貧困問題の調査目的と言ってはいますが、明らかにアウト~!ですねw
そして、こういった目的の女性が確実に居るということも明らかにされています。

問題は身体の関係があったかどうかですが、これはいずれ分かることでしょう。

出会い系バーに家出少女がいるのか調査してみました

このニュースが話題になった当初、出会い喫茶や相席居酒屋に足蹴よく通う友達に家出少女がいるのか電話してみました。
返ってきた答えは「いる」とのこと。

さっそく近くにある出会い系バーに行ってみた所、本当にいました。
びっくり。1人目の女性でさっそくお会いできました。

相席して話を聞くと、お酒が飲めて援助交際の交渉もし易いので出会い系バーに通っているとのこと。
美人系の女性で、家出した理由が親への反発だそうです。
相手が見つからなければ、ネカフェで寝泊まりしているらくし、私にも援助交際の交渉が持ちかけられました。

私は援助交際に興味がなかったので断りましたが、2時間ほどお酒の相手をしてもらって帰りました。

これは私の運が良かったかもしれませんが、確かに家出少女が居ました。
しかし、援助交際目的が多いそうなので、神待ち掲示板がオススメであるという気持ちは変わらなかったです。

ではでは。

関連記事

-コラム

Copyright© カミマチ! -誰か泊めて!家出少女を救える家出・神待ち掲示板サイト- , 2017 AllRights Reserved.